ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 介護保険 > 介護保険料(令和3年度~令和5年度)

本文

介護保険料(令和3年度~令和5年度)

ページID:0002841 更新日:2023年3月1日更新 印刷ページ表示

 65歳以上の方(第1号被保険者)の介護保険料は市区町村が定めます。豊後高田市の第8期(令和3~5年度)介護保険料は以下のとおりです。

豊後高田市の第8期(令和3~5年度)介護保険料

所得段階
区分

対象者

保険料率

保険料年額
(月額換算)

第1段階

生活保護受給者または、老齢福祉年金受給者で世帯全員が市民税非課税

0.3

19,080円
(1,590円)

本人および世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の合計所得金額+課税
年金収入額が80万円以下の人

第2段階

本人および世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の合計所得金額+課税
年金収入額が80万円超120万円以下の人

0.5

31,800円
(2,650円)

第3段階

本人および世帯全員が市民税非課税で、本人の前年の合計所得金額+課税
年金収入額が120万円超の人

0.7

44,520円
(3,710円)

第4段階

本人が市民税非課税で、世帯内に市民税課税者がいる人で、本人の前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円以下の人

0.9

57,240円
(4,770円)

第5段階

本人が市民税非課税で、世帯内に市民税課税者がいる人で、本人の前年の合計所得金額+課税年金収入額が80万円超の人

1

63,600円
(5,300円)

第6段階

本人が市民税課税で、本人の前年の合計所得金額が120万円未満の人

1.2

76,320円
(6,360円)

第7段階

本人が市民税課税で、本人の前年の合計所得金額が120万円以上210万円未満の人

1.3

82,680円
(6,890円)

第8段階

本人が市民税課税で、本人の前年の合計所得金額が210万円以上320万円未満の人

1.5

95,400円
(7,950円)

第9段階

本人が市民税課税で、本人の前年の合計所得金額が320万円以上の人

1.7

108,120円
(9,010円)

第10段階 本人が市民税課税で、本人の前年の合計所得金額が500万円以上の人 2.0 127,200円
(10,600円)

※「合計所得金額」とは、1年間の収入額から必要経費などを差し引いた額をいいます。例えば、年金収入のみの方であれば、「年金収入額-公的年金など控除額=合計所得金額」となります。年金以外に所得があれば、ほかの所得も合わせたものが合計所得金額となります。
※40~64歳の方(第2号被保険者)の保険料は、加入している医療保険の算定方法により決められ、医療保険料と一括して納めます。

介護保険料基準月額の推移

 豊後高田市の第8期介護保険料基準月額(第5段階の月額)は、第7期に比べ30円の増額となりましたが、介護報酬改定(0.67%の引き上げ)など国の制度改正が大きく影響しています。
 本市の介護給付費は、介護予防の取組みの成果もあって安定的に推移しており、第8期の基準月額5,300円は、大分県平均と比較して656円低い額となっています。
介護保険料基準月額の推移の画像


豊後高田市魅力発信ページバナー ふるさと納税サイトバナー<外部リンク>